スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームレス、全国で1万3000人=減少幅は過去最大-厚労省調査(時事通信)

 公園や道路などで生活するホームレスの数は、2010年1月時点で1万3124人だったことが26日、厚生労働省の概数調査で分かった。09年比では2635人(16.7%)減少した。減少の人数や率は、毎年調査を実施するようになった07年以降で最大。同省は「自治体による支援の推進や、生活保護利用者の増加が要因と考えられる」(地域福祉課)としている。
 内訳は男性が1万2253人、女性が384人、性別不明が487人。都道府県別で最も多かったのは大阪府の3338人、次いで東京都3125人、神奈川県1814人の順。最少は鳥取県と島根県の各1人だった。09年に比べると38都道府県で減少した。 

【関連ニュース】
犠牲者10人の冥福祈る=「たまゆら」火災から1年
米、スウェーデン折衷型社会を=日本の将来で提言
上司と共謀、生活保護費詐取=450万円、元運転手逮捕
生活保護受給者、180万人超に=厚労省
生活保護費詐取容疑で占師逮捕=テレビ出演で発覚

理美容チェーン8800万円所得隠し…国税指摘(読売新聞)
九州新幹線の線路工事完了=東京-鹿児島間1本に-熊本(時事通信)
【麗し大和・記者の裏話】(13)謎がオモシロイ 海龍王寺あれこれ(産経新聞)
築地市場移転で都譲歩、民主は予算案賛成へ(読売新聞)
離党の鳩山邦夫氏「自民と共闘、十二分にある」(読売新聞)
スポンサーサイト

<訃報>徳田尚久さん76歳=元五洋建設専務(毎日新聞)

 徳田尚久さん76歳(とくだ・のぶひさ=元五洋建設専務)21日、肺がんのため死去。葬儀は24日午前11時、神戸市須磨区須磨寺町4の6の8の須磨寺青葉殿。喪主は長男光章(みつあき)さん。

DNA誤情報で別人の男性に逮捕状 神奈川県警(産経新聞)
<クロマグロ>「よかった」禁輸否決に首相(毎日新聞)
逮捕のシー・シェパード元船長を拘置延長 東京地裁(産経新聞)
<インサイダー容疑>味の素社員に課徴金命令(毎日新聞)
強度、伸縮性優れた合金開発=医療や耐震などへ活用期待-東北大(時事通信)

<盗撮容疑>名古屋高検検事を書類送検 スカート内を携帯で(毎日新聞)

 名古屋高検の男性検事(44)が女性のスカートの中をカメラ付き携帯電話で盗撮しようとした事件で、愛知県警は17日、この検事を同県迷惑防止条例違反容疑で名古屋地検に書類送検した。

 送検容疑は3月8日朝、名古屋市千種区の官舎近くのバス停で、バスを待っていた女性のスカートの中を携帯電話のカメラで撮影しようとしたとしている。

 捜査関係者によると、別の乗客が目撃し、警察に通報。県警が任意で捜査していた。調べに検事は容疑を認めているという。

 検事は95年任官で、08年から高検検事。財政経済事件を担当していた。【中村かさね】

【関連ニュース】
盗撮容疑:スカート内にデジカメ 巡査を逮捕 神奈川県警
盗撮:疑いの高検検事、17日にも書類送検へ 愛知県警
盗撮:容疑の機動警察隊長を逮捕 北海道警
盗撮容疑:警視庁の巡査長を書類送検
盗撮:NHK職員逮捕 「自分を抑えられなかった」

インスリン事件「3日続けて計3回」と供述(読売新聞)
パラリンピック 鈴木が銅メダル リベンジ果たす(毎日新聞)
テロ支援団体に輸出か=パキスタン人3人を逮捕-未車検の車運転の疑い・警視庁(時事通信)
運転見合わせ JR山手線など3線 立ち往生も(毎日新聞)
鳩山邦夫氏に酷評の嵐(産経新聞)

<兵庫・佐用共立病院の患者骨折>「骨折と死亡、因果関係」院長謝罪 全員が肺炎(毎日新聞)

 佐用共立病院(兵庫県佐用町)で08年12月~09年1月に寝たきり患者6人が相次いで肋骨(ろっこつ)を折った事件で、看護師の羽室沙百理(さおり)容疑者(26)=佐用町山脇=の逮捕を受け、佐用共立病院の穀内隆院長は12日、院内で記者会見を開き、羽室容疑者を11日付で懲戒解雇したことを明らかにし、謝罪した。

 また、県警が骨折者6人(既に全員死亡)の死因と骨折との因果関係を「不明」としている点について、「死因は全員が肺炎。個人的には、骨折と肺炎の因果関係はあったと考えている。ご遺族にきちんと説明して必要な補償を行いたい」と語った。

 穀内院長らによると、08年12月8~30日に確認された3件の骨折について院内で検討したが、皮下出血などがなかったため、「病気骨折の疑い」と判断。09年1月5日に4件目が見つかって初めて「外傷性」を疑った。

 これを受け、病院は内部調査を開始。同月5~7日に幹部が看護師ら約20人と面談したところ、4件中3件の第一発見者だった羽室容疑者は「第一発見者だから疑われるのでしょうか」と目に涙を浮かべていたという。

 内部調査後も同月19日までに2人が骨折。院長らは「羽室容疑者を疑ったことは一度もなかった」と語った。

 羽室容疑者の勤務態度について鷹取久仁子看護部長は「看護師のレベルは普通。トラブルや仲間内のいじめがあったとは聞いておらず、無断欠勤などもなかった」と語った。【大久保昂】

【関連ニュース】
患者6人骨折:看護師を傷害容疑で逮捕 兵庫の病院で
兵庫・佐用共立病院の患者骨折:容疑の看護師「しゃべれない人狙った」 夜勤巡回中か
兵庫・佐用共立病院の患者骨折:看護師を傷害容疑で逮捕 「6人ともやった」供述

邦夫氏離党…与謝野氏、舛添氏との連携視野に来月にも新党(スポーツ報知)
乳児揺さぶり殺害 容疑の母親「泣きやまず立腹」(産経新聞)
盗撮の成田空港巡査を逮捕=スカート内にデジカメ-神奈川県警(時事通信)
高検検事が盗撮容疑 名古屋、書類送検(産経新聞)
<三洋>佐野社長が報酬1割自主返上 洗濯乾燥機リコール(毎日新聞)

元家裁書記官に懲役15年求刑=判決文偽造、預金詐取-さいたま地裁(時事通信)

 実在しない人物の戸籍を作った上、判決文を偽造し、債権者を装って銀行預金や供託金をだまし取ったとして、詐欺や虚偽公文書作成などの罪に問われた元京都家裁書記官広田照彦被告(37)の公判が16日、さいたま地裁(田村真裁判長)であった。検察側が懲役15年を求刑し、公判は結審した。判決は25日。
 検察側は論告で「金欲しさの身勝手な犯行。被害額が大きく、結果は重大かつ深刻。司法制度に対する国民の信頼を損ねた」と非難した。
 弁護側は最終弁論で、詐取金の一部を被害者に弁償して謝罪の意思を示しているとし、「早期の社会復帰を可能とする判決」を求めた。 

【関連ニュース】
私学補助金4分の1に=投資詐欺事件で減額
元学校事務職員ら逮捕=架空請求、45万円詐取容疑
就職資金融資悪用、175万円詐取=容疑で男4人を逮捕
山内衆院議員の元秘書再逮捕=4000万円詐取容疑
山内衆院議員の元秘書再逮捕へ=融資名目で4000万詐取容疑

4人組強盗、1人確保=東京・兜町の会社(時事通信)
「敬愛する金総書記」107回、日米に敵対…朝鮮学校「現代朝鮮史」(産経新聞)
「ヒト型」に変異で患者増も―新型インフルで感染研・安井主任研究官(医療介護CBニュース)
大阪・松原市の放火自供男、ウソと判明(産経新聞)
川越線、埼京線の上りで運転見合わせ…夜間作業に遅れ(読売新聞)

皇太子さま、ガーナの露天市場に(時事通信)

 【アクラ時事】アフリカ・ガーナ訪問中の皇太子さまは9日午後(日本時間10日未明)、首都アクラ近郊の幹線道路脇にある露天市場に立ち寄り、地元住民とのつかの間の触れ合いを楽しまれた。あいにくの雨の中、日本語を話すガーナ人女性の案内を受け、マンゴーやトマト、香辛料などがふんだんに並ぶ店棚を興味深そうに見て回った。
 皇太子さまはこれに先立ち、アクラ北方約100キロのアコソンボダムを大統領別荘のバルコニーから視察した。 

小糸工業の小糸会長、会長職を引責辞任(レスポンス)
首相動静(3月8日)(時事通信)
学費滞納で卒業証書回収、支払い計画出させる(読売新聞)
汚染土壌の無害化は可能=豊洲市場予定地の実験で報告-東京都(時事通信)
正面衝突で3人死亡=小3男児も重体-堤防沿いの県道・名古屋(時事通信)

ドナーカードの様式変更案を了承―臓器移植委(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は3月8日の「厚生科学審議会疾病対策部会臓器移植委員会」(委員長=永井良三・東大大学院医学系研究科教授)に、改正臓器移植法の施行に伴う新たな臓器提供意思表示カード(ドナーカード)の様式案を示し、了承された。月内にもパブリックコメントの募集を開始する。

 厚労省が示した新たなドナーカード案では、親族優先提供の意思や、皮膚や血管などの組織の提供意思を自筆で記載できる「特記欄」を設けるほか、提供したくない臓器にバツ印を付ける様式に変更する。また、「脳死後」の提供を希望する臓器を問う項目については、「脳死後および心停止後」の提供意思を問う項目に変更する。さらに、臓器移植に関する情報などを記載したパンフレットをドナーカードと一体的に配布することを原則とする。
 また、運転免許証や健康保険証などの臓器提供意思の記載欄には、▽臓器提供に関する意思▽本人の署名や署名年月日▽特記欄▽臓器提供に関する問い合わせ先―を盛り込むとした。

 厚労省健康局の辺見聡臓器移植対策室長は、改正法が全面施行された後での現行のドナーカードに記載された提供意思の取り扱いについて、今後「臓器提供に係る意思表示・小児からの臓器提供等に関する作業班」で議論を進めるとした。また、新たなドナーカードの不備記載についても「今後の検討課題」との認識を示した。


【関連記事】
ドナーカードなどの意思表示方法で議論―臓器移植・普及啓発作業班
ドナーカードの様式で議論―臓器移植・普及啓発作業班
医療従事者への「親族優先提供規定」周知に学会活用へ―改正臓器移植法
臓器提供しない意思の確認、家族への聞き取りなど3点で
親族への優先提供でガイドラインを改正―厚労省

無人の塗装工場が全焼 東大阪(産経新聞)
島田雅彦氏・小川洋子氏ら育てる、寺田博氏死去(読売新聞)
<トキ>2次放鳥の雄と雌が「疑交尾」 繁殖に期待高まる(毎日新聞)
阿久根市長、本会議をまた欠席…傍聴席から批判(読売新聞)
「温暖化対策」連携で合意=日・デンマーク首脳会談(時事通信)

「被害者の恐怖や痛みを味わい死んでほしい」涙声で極刑を求める証人(産経新聞)

 【法廷ライブ 秋葉原殺傷 第4回公判】(4)

 《検察官に問われ、悲惨な事件への思いを口にし始めた被害者のCさん。しばらくすると、声を詰まらせ始めた。途切れ途切れになるCさんの声。とうとうCさんの声が止まり、一時的に法廷内には沈黙が続く。弁護人席前の長いすに座った加藤智大被告(27)は、背中を丸め、証人と目を合わせないように下を向いている》

 検察官「今、目頭を押さえているのですか」

 証人「大丈夫です」

 《傍聴席からは、遮蔽(しゃへい)用のカーテンで囲われてみえないが、Cさんは涙声で鼻水をすすったようだ。この事件で、Aさんと川口隆裕さん=当時(19)=の友人2人を失った当時の状況を思いだし、感情が抑えきれなくなったようだ》

 証人「こういうことはもう起こらないでほしいと思います」

 《思いを絞り出すように話すCさんの姿を見て、村山浩昭裁判長も口を真一文字に結び、厳しい表情を見せる。加藤被告は、おもむろに黒いペンを手に取ると、机に置かれた紙にメモをとり、指で鼻をかいた》

 検察官「今回、証人の話を聞いたとき、『Aさんと川口さんに会いたい』といっていましたね?」

 証人「はい。A君とは同じ大学で帰り道も同じだったので、プライベートや飼っているペットの話もしてもらいました。夏休みの旅行の計画も立てていたので、旅行にも行きたいです」

 検察官「川口さんと会えたら何がしたいですか」

 証人「対戦ゲームをやり合えたら、決着をつけたいです」

 《Cさんの声は消え入りそうになっている》

 検察官「被告から手紙が来ましたね?」

 証人「はい」

 検察官「読みましたか」

 証人「はい」

 検察官「どう思いましたか」

 証人「反省の意をくみ取ろうと思って読んだわけでもなく、なんでこんな事件が起きたか少しでもわかるかと思って読んだのですが、わかりませんでした」

 検察官「被告人に対してどんな気持ちですか」

 証人「死刑は絶対だと思います。誰でもよかったというのは許せないし、死刑だとしてもA君や川口君が味わった恐怖や痛みを味わって死んでいってほしいと思います」

 《Cさんの偽らざる憤りの気持ちを引き出したところで、検察側は質問を終えた。加藤被告はここでも、ペンを手にとってメモを始めた。続いて弁護側の質問に移り、女性弁護人が立ち上がって、その場で質問を始めた》

 弁護人「交差点の真ん中あたりでトラックに気づいたといっていましたが、どんな風に走っていましたか」

 証人「蛇行していたような記憶があります。自分がみたときは、自分たちからみてこういうコースを…」

 《言葉で説明するのが難しいようで、Cさんは、蛇行して走っていたとするトラックについて、身ぶり手ぶりを使って説明しているようだ》

 裁判長「右にふくらむような感じということですか」

 証人「蛇行していたみたいな…」

 裁判長「トラックも外側にふくらむような様子があったということですか」

 証人「はい」

 弁護人「トラックが走ってきたときにエンジン音がしたということでしたが、どんな音でしたか」

 証人「ゴーっというかドーっというか…」

 弁護人「交差点の中にいた人が声を発したことはありましたか」

 証人「記憶にありません」

 弁護人「あなたが前に飛ぶような感じで逃げたということでしたが、トラックがあなたのどの部分に当たりましたか」

 証人「右の腰の部分です」

 弁護人「トラックは、あなたとBさんとどちらが先にぶつかりましたか」

 証人「B君です」

 弁護人「『ナイフを持っている人がいる』という声が聞こえたといっていましたが、ナイフを持った人を見ましたか」

 証人「見ていません」

 弁護人「先ほど、被告の手紙を読んだとのことでしたが、あなた自身で想像して、どうしてこんな事件を起こしてしまったと思いますか」

 証人「特にないです」

 《Cさんは少し考えた上で、素っ気ない返答を返した。続いて、男性弁護人が立ち上がった》

 弁護人「あなたの後ろをトラックがすぎたときに、友達がはねられた音は聞きましたか」

 証人「聞いた記憶がありません」

 弁護人「そのあと、トラックはどう動いていましたか」

 証人「覚えていません」

 弁護人「(被告人に)やっぱり反省してほしい思いはありますか」

 証人「まあ、どちらかといえばそうかもしれませんが、反省したからそれで何になるっていうと…」

 弁護人「なぜ事件を犯したのかを知りたい気持ちは変わっていませんか」

 証人「まあ、経緯というかなぜ事件を起こしてしまったのかということをですね」

 《弁護側は、簡潔に反対尋問を終えた。村山裁判長が「他にございますか」と尋ねる。検察官、弁護人とも、頭を左右に振った》

 裁判長「それでは、終わりました。証人、お疲れ様でした。証人に退廷してもらいますので、壁を…」

 《退廷の順路を見えなくするため、白い蛇腹の仕切りが引き延ばされた。準備の間、村山裁判長は、Cさんが法廷で書き込みを行った図面や写真を、調書に添付することについて、検察官と弁護人に確認を求めた》

 裁判長「では証人、お疲れさまでした」

 《Cさんが退廷し、仕切りが取り外された。加藤被告は右手にペンを握りしめたままうつむき、身じろぎもしない》

 裁判長「このあとも証拠調べを予定していますが、休廷を入れたいと思います。午後3時に再開して、次の方の調書を調べて、尋問を行います」

 《裁判長が休廷を告げると、傍聴人も一斉に立ち上がった。加藤被告も立ち上がり、腰縄と手錠をはめられる。うつむき加減のまま、傍聴席に一礼。そのまま退廷していった》

【関連記事】
(1)「友達の口から血が流れ…」暴走トラックにはねられた女性、証言台へ 秋葉原殺傷第4回公判ライブ
証人として被害者2人出廷へ 秋葉原無差別殺傷 第4回公判
証拠不同意 弁護側の姿勢に疑問の声 秋葉原無差別殺傷
(3)「人がトラックにひかれ転がり…」衝立の向こうで語られる生々しい証言 秋葉原殺傷第3回公判ライブ
(12)あれは「戦場」そのものだった 秋葉原殺傷第2回公判ライブ

上田容疑者を午後再逮捕=トラック運転手強殺容疑-鳥取不審死で2人目立件へ・県警(時事通信)
「温暖化」米で懐疑論…政府間パネル失策続き(読売新聞)
「美人すぎる市議」が20代最後の日に“重大決意”(産経新聞)
<パトカー事故>追跡中に高2女子はねる 大阪・岸和田(毎日新聞)
一時金直接支払制度の影響?「黒字」で閉院に追い込まれる産院が増加(医療介護CBニュース)

殺人容疑などで少年再逮捕=共犯の少年も-宮城・石巻3人殺傷(時事通信)

 宮城県石巻市の無職南部かつみさん(46)宅で長女ら3人が殺傷され、次女(18)が連れ去られた事件で、県警石巻署捜査本部は4日、次女の元交際相手で同市の解体工の少年(18)=未成年者略取と監禁容疑で現行犯逮捕=を殺人と殺人未遂容疑などで再逮捕。東松島市の無職少年(17)=同=も同容疑で再逮捕した。
 捜査関係者によると、2人は2月10日午前6時40分ごろ、南部さん宅に侵入し、かつみさんの長女(20)と知人の高校3年の女子生徒(18)を刺殺、一緒にいた建設作業員男性(20)にも重傷を負わせた疑いが持たれている。 

【関連ニュース】
殺人と未遂容疑で少年再逮捕へ=共犯の少年も
背中の傷、肺まで到達=現場から包丁発見-3人死傷放火・岡山県警
島根女子大生殺害に懸賞金=有力情報最高300万円
義姉刺殺、放火して逃走=同居の43歳男、殺人容疑で逮捕
女性刺殺、保険代理店役員を逮捕=宮城県警

新たに男ら逮捕、首謀格か=4200万強盗容疑-警視庁(時事通信)
【Web】ネットの主役は中高年?(産経新聞)
普天間、社・国が移設案提示=月内に政府案取りまとめ(時事通信)
遭難の男女3人発見=自力で歩行-宮城・山形県境の船形山(時事通信)
百十四銀行の初公判 3被告起訴内容認める(産経新聞)

数学で出題ミス=椙山女学園大(時事通信)

 椙山女学園大(名古屋市千種区)は4日、3日に実施した2010年度一般入試(B日程)で、数学の選択問題だった「数学II・数学B」で出題ミスが1問あり、選択した28人全員を正解にすると発表した。
 同大によると、この問題には解答が存在せず、採点をしていた教員が気付いたという。 

【関連ニュース】
富山大入試で出題ミス=医、薬学部「化学」で
化学で出題ミス=名大
「物理」で出題ミス=鹿児島大
理科で範囲外から出題=国立高専入試
理学部入試で出題ミス=立教大

官房長官と3知事がテレビ会議へ(時事通信)
<日本航空>女性スタッフで「ひなまつりフライト」運航(毎日新聞)
域外操業でも対ロ批判変えぬ=岡田外相(時事通信)
【核心】法政大中学高校「常軌逸した」体罰なぜ…(産経新聞)
<上方漫才コンテスト>「銀シャリ」が優勝(毎日新聞)

寝たきりの79歳妻、夫に首絞められ重体(読売新聞)

 28日午後11時45分頃、「首を絞められた女性を治療している」と、愛知県西尾市内の病院から110番があった。

 女性は同市長縄町玉屋、無職石原かずこさん(79)で、意識不明の重体。西尾署が同居している夫(83)から事情を聞いたところ、首を絞めたことを認めたという。同署は、殺人未遂事件とみて、さらに夫から詳しく事情を聞いている。

 発表によると、かずこさんは夫と2人暮らしで、約1年前から腰が悪く、自宅で寝たきりの状態だった。この日、近くに住む家族が、かずこさんが自宅で倒れているのを発見し、救急車で病院へ運んだ。家族はこの際、病院関係者に「介護を巡るトラブルがあった」などと説明したという。

<郵便不正>石井一参院議員、関与を否定 証人出廷(毎日新聞)
<自殺>対策強化月間スタート、福島氏ら駅前でキャンペーン(毎日新聞)
6カ国協議再開へ協力=外相と米特別代表が確認(時事通信)
スーパーに軽自動車突っ込む 新潟・新発田市(産経新聞)
濃霧でも離発着可能へ、羽田の誘導装置精度アップ(読売新聞)

囲碁「女流名人戦」開幕(産経新聞)

 謝依旻(シェイイミン)女流名人に向井千瑛(ちあき)四段が挑戦する産経新聞社主催の囲碁タイトル戦「第22期女流名人戦三番勝負」第1局が3日午前10時、新潟市の岩室温泉「高島屋」で始まった。持ち時間は各3時間の1日打ち切り制。

 ひな祭りの様子が描かれた掛け軸が飾られた対局室に開始7分前、向井四段、続いて謝女流名人が入室。立会人の趙治勲二十五世本因坊の「握ってください」との合図で、向井四段の先番と決まり、右上隅に第1着を打ちおろした。

 前夜祭では、「ひな祭りにはふさわしくない、激しい戦いの碁をしたい」と宣言した謝女流名人に、向井四段も「同期入段(平成16年)の意識する相手」と語り、火花を散らしていた。

 33手まで進んだところで、昼食休憩に。解説の片岡聡九段は「序盤は謝女流名人ペースかと思われたが、向井四段も考えたいい手を出している。形勢判断は難しい局面」と話していた。熱戦の模様はMSN産経ニュースでライブ中継されている。

「500系」ラストラン、「こだま」で余生(読売新聞)
冬季コモンウェルスゲームズ
青少年育成センター副所長を逮捕=女子中生にわいせつ容疑、否認-徳島(時事通信)
アステラス、がん領域強化で米社にTOB(医療介護CBニュース)
<函館政務調査費>住民側の請求一部棄却 最高裁(毎日新聞)

「住宅エコポイント」 対象や併用の可否よく確かめて(産経新聞)

 環境や省エネルギーに配慮した住宅の新築や改修を行った場合に、商品やサービスと交換できる「住宅エコポイント」制度の申請が8日、始まる。この制度では、手すりなどのバリアフリー化もエコ改修と同時なら対象となる。ただ工事内容や時期によって対象外となったり、一部の制度と併用できないなど注意も必要だ。(草下健夫)

 ≪光熱費の節約に≫

 住宅エコポイントについて、住宅生産団体連合会の藤村孝夫・住宅性能部長は「高い省エネ基準のためイニシャルコスト(初期経費)がかかっても、長い目で見れば光熱費が節約できる。この制度は、こうした住まい作りが進むきっかけになる」と評価する。

 対象は一戸建ての持ち家だけでなく、マンションなどの共同住宅、賃貸住宅、寄宿舎、別荘を含む。敷地内に離れを建てる場合、水回りがあるなど独立して住めるなら新築とみなされるが、勉強部屋などはリフォーム扱い。

 工事内容は、新築では省エネ法などに基づく基準を満たす必要がある。窓の改修も所定の基準が条件。外壁や屋根、天井、床の改修でも、所定の断熱性能の断熱材を使う。対象製品が地域により異なる場合もあり、メーカーなどに確認するとよい。長期優良住宅の補助金や、介護保険を利用したバリアフリー改修など他の制度と併用できない場合がある。対象となる工事期間も新築とリフォームによって異なるため、注意が必要だ。

 ≪「即時交換」も≫

 発行ポイント数は、新築は一律30万ポイント(1ポイント=1円相当)。リフォームは工事内容によって異なり、1戸当たり計30万ポイントが上限。

 獲得したポイントは、環境に配慮した商品や商品券、地域産品など500商品から選んで交換する。ポイント対象外の水回りなどの工事費用に充てる「即時交換」も可能。ポイントで水回りの工事をして、余ったポイントを商品券に、という利用もできる。環境保全のための寄付も可能。

 ポイント発行の申請は8日から、全国約3800カ所の窓口や郵送で受け付ける(即時交換は窓口のみ)。工事証明書や現場写真などが必要で、工事業者による代行が多くなりそう。

 申請期限は、新築のうち一戸建ては来年6月末、マンションなどの共同住宅は来年末(うち11階建て以上は平成24年末)、リフォームは来年3月末。予算額を超える場合は期間内でも締め切るが、「そうならないよう、十分なポイントが用意されている」(関係者)。ポイントを商品に交換する期限は25年3月末。

 工事後にポイント対象外と分かることのないよう、事前に工事業者などに十分確認することが望まれる。

 問い合わせは住宅エコポイント事務局(電)0570・064・717(毎日午前9時~午後5時)。

 ■対象となる工事期間

 【新築】

 平成21年12月8日~22年12月31日に着工し、22年1月28日以降に工事が完了し引き渡されたもの

 【リフォーム】

 22年1月1日~12月31日に工事着手し、22年1月28日以降に工事が完了し引き渡されたもの

※1月27日以前に工事完了したものは対象外。工事完了、引き渡しの期限はないが、ポイント申請には期限がある。

 ■発行ポイント数

新築        30万

内窓設置・外窓交換 7000~1万8000

窓ガラス交換    2000~7000

外壁        10万

屋根・天井     3万

床         5万

手すりの設置    5000

段差解消      5000

廊下幅など拡張   2万5000

【関連記事】
住宅版エコポイント、市場効果は期待薄 リフォームでわずか3900億円
住宅版エコポイント 改修もOK 景気浮揚狙う
住宅版エコポイント 新築は30万ポイント
うれしい「住宅版エコポイント」一戸あたり最大30万円相当
景気と暮らしはどうなる 追加経済対策メニュー解説

中野インターチェンジ (広島県)
BPP
チリ巨大地震 「見る間に潮位上昇」 「いつまで続く」終日警戒(産経新聞)
<訃報>中村寛一さん87歳=元百十四銀行専務(毎日新聞)
屋久島の米軍機訓練、許容できぬ=岡田外相(時事通信)

えびすだわら

えびすだわらとは、秋田県雄勝郡に伝わる伝統行事の一つで、その年の秋の豊作を願って、旧暦送り盆の8月15日に行われる祭りである。地元では「えびしだら」「えびすだら」と呼ばれる。概要各町内会の少年たちが、台車に乗せた米俵にさまざまな飾り付けを施して神輿(えびしだら)を作り、それを曳きながら表通りを練り歩く。手には灯篭を持って、各玄関先で立ち止まっては、独特な節回しで唄を歌い、おひねりを集めて回る。俵の神輿は神社に奉納され、おひねりは神輿製作の貢献度によって分配される。夜間の成人の部では、灯篭にろうそくの火が灯り、囃し太鼓が響く中、酒に酔った男達が巨大な「えびしだら」を囲み、少年たちと同じ節回しで唄を歌い、祭りはクライマックスを迎える。祭りに参加できるのは、伝統的に男性だけである。しかし近年、過疎化および少子化のために祭りの担い手は急速に減りつつあり、町内会によっては、女の子を参加させてえびしだらを維持しようする試みも見られた。それでも神輿の数は年々減少傾向にあり、祭りの存続が危惧されている。「えびしだら」の唄1. たかいぃ? やまぁかぁら? たにぞ?こぉみぃれば? なしや? りんごぉの? はぁなぁざぁ?かぁり?   (高い山から 谷底見れば 梨や林檎の花盛り)以下も、同様の節回しで、2. 咲いた桜に 枝折るカラス 情け知らずの山ガラス3. 鳴くなニワトリ まだ夜は明けぬ 明けりゃお寺の鐘が鳴る 4. 箱根八里は 馬でも越すが 越すに越されぬ大井川 5.おまえ百まで わしゃ99まで ともに白髪の生えるまで 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%88%E3%81%B3%E3%81%99%E3%81%A0%E3%82%8F%E3%82%89」より作成カテゴリ: 日本の祭り | 秋田県の祭り

朝青龍「いい形を選んだ」=NHK会長(時事通信)
老人福祉事業の倒産件数、3年で4.6倍(医療介護CBニュース)
ブラジル人が乗車か=事故車両に携帯-名古屋ひき逃げ・愛知県警(時事通信)
音楽ネット配信で請求トラブル=「iTunes」で多発、注意喚起-消費者庁(時事通信)
西武新宿線で運転見合わせ 作業用列車とトラック接触(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。